木の家 設計・施工 かたおか建築 事務所 考え 家づくりの流れ 仕事 ひとこま



「なんかしらんけど、あの家ええなあ」
屋根があって、窓があって、緑があって、
玄関があって、居間があって、台所があって、、、
一見なんでもないようで、
どういうわけか惹かれる家に出会うことがあります。
こうした家は、よくみると実に奥が深い仕事がなされています。
上手な設計。
高い施工技術。
ただそれだけでもないような気がします。
かたおか建築では、「なんかしらんけど、ええ家」を日々探求しています。


「木の家」が好きで、こだわっています。
木は肌ざわりが良く、香り、ぬくもりがあり、時が経つにつれ味わい深くなり、
とにかく五感にやさしい材料です。
それでいて力持ちです。
無垢の木でつくられた、落ち着きのある床や天井に、
間取りと一体感のある、美しく組まれた柱や梁。
木の魅力は尽きることがありません。
住まい手の価値観、敷地、ご予算などをふまえながら、
どんな「木の家」ができあがるのか、作り手としても楽しみにしています。


家をつくるうえで大切なことは、
住まい手、職人、設計者の三者が納得するということです。
「こんなんがいい」
「それやったら、こんな感じは?」
お互いが意見を交わし、理解しあわなければいけません。
ときには、そこから新しい発想や技術が生まれることもあります。
そこが家づくりの面白いところでもあります。
完成したときには、全員が楽しかったと思えるような、
そんな家づくりをすすめていきます。


設計から現場監督まで、代表の片岡が一貫して担当します。
PCに向かって図面を描いていたかと思えば、
現場で掃除をしていたり、なんでもしています。
小さな建築事務所ですが、
「じっくり考え、丁寧に家をつくりたい」方には、おすすめです。
どうぞよろしくお願いいたします。